FC2ブログ

石見銀山・銀の町から

●島根県・大田市観光協会一職員の公式ではないブログ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

漁船に乗ってサンセットクルージング(1)

 温泉津で行われている「沖泊~鞆ヶ浦漁船クルーズ」に行ってきました。

このクルーズ、漁船で石見銀山の世界遺産エリアでもある温泉津の沖泊と馬路の鞆ヶ浦を
クルージングします。

2年前、自分も友人と神谷寿貞の石見銀山発見伝説にちなんで伝馬船で海に出たんですが、
いかんせん、どの山が仙ノ山か分からずでした。このツアーはガイドさんがついているので
その辺は一安心です。

このクルージングは1日3回あるんですが、夕方のツアーがいいと聞いたので6時出発に
参加しようと思い、受付のゆうゆう館に向かいました。料金は1,500円。
120731 (1)
ゆうゆう館前の様子
120731 (2)
暑さのせいか猫もぐったり
120731 (3)
この船がこれから乗り込む漁船
120731 (4)
6時過ぎの温泉津港

6時出発でしたが、帰りに見るサンセットに合わせ少し時間を遅らせて出発でした。
まず向かった先は温泉津の沖泊
120731 (5)
海から見える鼻ぐり岩(当時船を係留するのに岩に穴を開けたりと形状は他にもあります)

これから湯里の古龍、馬路の鞆ヶ浦に向かって見応えのある海岸が続きました。
120731 (6)
120731 (7)
120731 (10)
小さい頃はよく船で近場は連れて行ってもらってましたが、温泉津近辺の海岸は初めて。
120731 (9)
だんだん夕暮れが近づいてきます。
120731 (11)
120731 (8)
続きはまた明日

漁船クルーズは8月26日まで時化なければ毎日運航しています。
詳しくはこちらから

スポンサーサイト

PageTop

鈴木宗男氏石見銀山に!

 今日石見銀山に元衆議院議員の鈴木宗男氏が立ち寄ってくれました。

いろいろとあった方なので興味ない方スルーしてください。

自分も野田首相が来るなら嘘の付き方でも教えて欲しいくらいで全く興味なしだったんで
すが、鈴木宗男氏には少し興味あり。

ここ10年くらいでいろいろなことがあった鈴木宗男氏。それでも松山千春さんが絶大な
信頼を未だに寄せていることから、ここずっと見方が変わってきてました。
(ほんとにとんでもない人には誰も寄り付かないし、相手にもされないでしょうから)

えらい?人になるととかく通行証を持って、龍源寺間歩に行くのに途中まで車で行かれたり
するんですが、宗男氏は普通の観光客の方と同じように、暑い中往復5キロをガイドのA会長
と歩いて行かれました!

その鈴木宗男氏、思ってた以上に根っから気さくでおだやかで元気あふれる人でした。
あまり話をする時間はなかったんですが、代わる代わる一緒に写真を撮らせてもらいました。
120730 (1)
左からガイドの会A会長、観光協会Oさん、鈴木宗男氏。
120730 (2)
一度顔出してしまったので開き直って出してしまいました!鈴木宗男氏と私

他にも観光客の皆さんと次から次へと写真をお願いされる人気ぶり。気さくで楽しい感じが
充満してました。

帰り際の車からは見えなくなるまで、体を窓から出して手を振ってくれてました。
今日石見銀山だけで10人以上は支持者を増やしたのでは?

PageTop

仁万の海

昨日はあまりに眠く9時には寝てしまい、12時に一度起き、そのまま朝の5時半でした。
2日分寝てしまった感じです。

この土・日も相変わらずの猛暑日。ステージイベントも行われました。

暑さでバテバテ気味なんですが、この土・日も神楽団の人が、中には30キロ近い衣装を
着こんで舞ってくれたので、暑い、暑いというのが申し訳ない感じ。
120729 (3)
大好きな白狐
120729 (4)
見事な喜びの舞
120729 (5)
子供達に大人気なえびすさん

ステージには他団体の皆さんも出演して下さってるので、次回にレポートします。

さて、連日の猛暑日続いてますが、自分は元々暑い夏は大好き・・・でした。
小さい頃は夜ももう少し涼しかったですし、なんせ夏は毎日海に入り浸りでした。
120729 (2)
仁万の海岸。チャリで1分、海パン1丁で速攻海です。野球の練習なければ朝から夕方まで
唇の色が変わるくらいつかってました。(田舎だからそれくらいしか楽しみなかったのかも)
120729 (1)
今日帰りに、中学生がチャリで海から帰ってるの見て久し振りに入りたくなりました。

余談ですが、小さい時からあんまり泳いばかりいると指の間にカエルのように水かきが大きく
なるというのを何かで読んだことがあり、馬鹿げたことと思いながらもまじまじと自分の指を
見ると指の開きは悪いし、もう少し根元まで開いてもいいのに、ひょっとして?と思ったのを
たまに思い出します。まあ、そんなことがあれば水泳選手はみんな水かき出来そうだし、全く
信じてはないんですが・・・

PageTop

大田市、島根県にお越しください!

 大田市、島根県の観光キャンペーンがもうすぐ始まります。
よってこの記事を11月くらいまでトップ記事に固定します。新しい記事はこの次からです!

石見銀山では世界遺産登録5周年を7月2日に迎えることから、6月23日~12月24日
までGinzan Walking Museumと題して観光キャンペーンが行われます。
この機会に多くの人がぜひ大田市、石見銀山を訪れてくれるのをお待ちしております!
120521.jpg
先日も紹介した大田市出身の宮根誠司さんからのメッセージ
120528.jpg
5周年キャラクターのらとちゃん(右)三瓶自然館キャラクターテンピー(左)
IMG_7492(永井5)
こちらも大田市の観光大使永井裕子さんのメッセージ

大田市観光協会HPはこちらから
5周年公式サイトはこちらから

このブログでも5周年の様子はお伝えしていきますが、メインはこれまで通り
素のままの大田市の様子を中心にお伝えしていこうと思ってます。

そして、島根県では日本最古の歴史書古事記の編纂1,300年を記念して
(古事記の上巻は神話の世界が記され、その3分の1が出雲神話です)
7月21日~11月11日まで神話博しまねが開催されます。

こちらは谷村新司さんによる神々の国しまね公式メッセージソングの『はじまりの物語』の
イントロ部分と谷村新司さんによるメッセージ

神話博しまねの公式サイトはこちらから

出雲大社まで来たらぜひ大田市まで足を延ばしてくださいね!

PageTop

縄文杉とD-Kとのコラボレーション

 三瓶小豆原埋没林公園、ここはあまり知られていないのが残念ですが、約4,000年前
の三瓶の火山噴火のよって埋もれた太古の森になってます。

様々な要因が重なり合って木々が倒されずそのままの状態で埋もれ、4,000年の月日を
経て現代に姿を現した奇跡の森。

近づくと木の香りが今でもします。木に手を当てると(触ることは可)太古の様子が伝わっ
てきます!(勝手に想像するだけですが・・・それが楽しい)

その埋没林とD-K(デジタル掛け軸の略だそうです)とのコラボレーションが8月3日まで
見れます。
120727 (1)
D-Kライブと銘打ってありますが、音は出ません。100万枚にも及ぶ光の絵画をコンピュ
ーターで組み合わせ建造物に投影する光のアートだそうです。
120727 (2)
着いたときに丁度終わる寸前。2枚写真を撮ったところで照明点灯でした。
120727 (3)
残影が少し残っていますが、こちらが本来の4,000年前に埋もれた縄文杉
120727 (4)
根元付近が残った埋没林はあちこちでも発見されてるそうですが、こんな幹の状態が残った
埋没林は世界的にも珍しいそうです!

森にはゆっくりと時が流れていました
木々は風を思い、木々は雨を思い、星を思いました
森の夢は幾千の、森の想いは幾千の、森の想いは時を超えて
今、木々は私たちに何を語りかけてくれるのでしょう(三瓶小豆原埋没林公園HPより)

PageTop

宇宙旅行は夢じゃない

 三瓶自然館サヒメルでは夏の企画展“宇宙旅行は夢じゃない”が開催されているので
行ってみました。
120726 (4)
説明版を読むと、現在でも実際に日本からでも宇宙旅行の予約が出来るそうです。
12072601.jpg
そういえば、羽振りの良かった頃のホリエモンが宇宙旅行に行くとかなんとか言ってたよう
な気がします。(未だ海外にも行ったことのない自分には無縁ですが・・・)
120726 (5)
山崎直子さんが宇宙に行った時に使った物などの展示もありました。
120726 (3)
120726 (1)
宇宙服を着て写真が撮れたり、その他展示も盛りだくさん!
9月23日まで行われてますので、ぜひ行ってみてください!

PageTop

ヒラマサ

 ここのところ暑いうえに更に朝からクモの巣トラップに掛りまくってます。 

月曜日にヒラマサ頂きました。
これは刺身にするしかないと思ったのですが、自分で包丁使うのは豆腐を切るぐらいしか
使ったことないので友人のところに持って行って刺身にしてもらいました。
120725 (1)
丸々1コンあったので半身あればいいかと思って、半身はやるわ!と言ったのですが、刺身
にすると意外と少ない。今さらやっぱりやらん!とも言えないし、今ならこれで十分かなと。
120725 (3)
3枚におろすの見てたら、意外と自分でもできそうな気がしなくもなし。
昔はご飯と一緒に刺身を食べてたのですが、今はビール飲みながらこの位の量で充分でした。
120725 (4)
このあたりの刺身醤油は写真のようにどろっとして普通の醤油とは全く違います。
他所に出てた時、どこに行っても刺身醤油が普通の醤油と同じようで不思議でしたが、この
刺身醤油はこのあたりの独特の醤油らしいです。

食べ慣れてるせいか、刺身醤油はこのあたりの醤油でないとダメでした。(でも今日の
市販の醤油は辛いばっかりでイマイチでした)

PageTop

キャンドルナイトin波根(2)

 昨日、点火前までお伝えした波根のキャンドルナイト。タイトルからキャンドルの灯りを
期待してくださった皆さん申し訳ありません!今日続きです!
(構図もデジカメの設定も何も考えず、下手な鉄砲撃ちまくった挙句の画像ですが・・・)
120724 (3)
点火前に地元のひょっとこ踊りと土江子ども神楽団による神楽。十八番(おはこ)の天神
120724 (1)
その神楽の途中で点火が始まりました。(海岸の奥までキャンドル続いてます)
120724 (2)
ハートのマークの中は“はね”
12072401 (2)
引き続き子ども神楽は、この日銀山公園でも見た頼政。
12072401 (6)
あまり見ることのない演目を1日に2回見ました。土江では子供達全員出演のためお猿さん
は10匹くらい出ました。
12072401 (1)
オリンピックイヤーの今年は五輪のマーク
12072401 (5)
ガンバレ日本、ゆめとかんどう

PageTop

キャンドルナイトin波根(1)

 土曜日に行われたキャンドルナイトin波根。銀山での日曜日のステージの準備なんかを
終えて向かい、海岸に着いたのがちょうど7時くらい。

すでに準備は終え、出店の前で飲んだり食べたりと点火を待つ人で賑わってました。
120723 (7)
着いてすぐビールと唐揚げ、焼きソバで軽く腹ごしらえ。(あっ、当然運転は無しです)
この日、昼間に大汗かいたのでさぞかしビールが美味しいだろうと思っていたんですが、
昼間に水分取りすぎたせいかビールがあまり旨く感じられず、かなり残念!
120723 (1)
7時はまだまだ明るく点火までもうしばらくだした。
120723 (2)
波根の立神岩
120723 (3)
海上ではウミネコがぷかぷか。
12072301.jpg
海辺では子供たちが波と遊んでました。

そして日本海に沈む夕日を見ながら待ってました。
120723 (4)
12072302.jpg
120723 (5)
120723 (6)
キャンドル点火はまた明日。

PageTop

銀山公園ステージイベント

 この土・日、銀山公園のステージが天気も良く予定通り行われました!

この2日間、外であれこれ動き回り、顔も腕も真っ黒!しかも大汗かいたので、これは体重
も2日間で3キロは落ちたと確信!(そのわりにはベルト周りが緩くなってないような気も)
今日、体重計ると確かに1キロ落ちてました!たった1キロかよーと思って晩御飯食べて
計ると元に戻ってました(あーがっかり!まあ普段の3倍くらい水分取って、昨日は波根の
キャンドルナイトでビール飲んでたら落ちる訳ないですね!)

さて昨日のステージ
120722 (1)
まずは地元大森幼稚園児による歌と踊り。元気に歌って踊ってくれました!
120722 (2)
終わった後はらとちゃんと
120722 (9)
そして、この土・日の両日出演してくださったふじの会・民謡の会の皆さん!

土曜日の神楽では大蛇はなかったのですが、頼政という演目。大江高山社中の皆さんです!
120722 (5)
こんな可愛いお猿さんが出てきます。(本来の演目紹介では、源頼政が頭は猿、体は牛、
手足は虎、尾は蛇という怪物鵺(ぬえ)を退治するとあります)
12072201.jpg
ステージ外で大活躍です!
120722 (7)
らとちゃんと!
120722 (8)
源頼政の鵺退治
120722 (6)
あのお猿さんはこんな可愛らしい女の子が2人演じてました!

そして今日の神楽は多根神楽団による大蛇。
120722 (10)
多根神楽団の大蛇、迫力あります!多い時は8頭立てで舞います!
120722 (11)
出演していただいた皆さん、暑い中ありがとうございました。

今後の銀山公園ステージの予定はこちらから(変更になることがありますのでご注意ください)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。