FC2ブログ

石見銀山・銀の町から

●島根県・大田市観光協会一職員の公式ではないブログ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

昭和の時代も遠くになりにけり

 今日、仁摩サンドミュージアム・大田市農村環境改善センターで開催されている
「岩谷直治の世界」と「昭和のこどもたち(石井美千子人形展)」に行ってきました。

サンドミュージアムは、夏の企画展の時始まる日を間違え、早く行きすぎて、その後行く
機会がなく紹介できませんでした。
今日行くと、最近ブログが神楽ばかりで紹介がない!と言われ(苦笑)たので30日まで開催
されている企画展を紹介します!
120925 (3)
大晦日にひっくり返した一年砂時計も残り3ヶ月とだいぶ落ちてきてました。

今回の企画展は島根中央マルヰ㈱主催で写真撮影は基本NGでしたが、遠くからうっすらと
写させてもらいました。
120925 (2)
一年砂時計の真下の展示です。人形展のほとんどはサンドミュージアムから徒歩すぐの
ところにある大田市農村環境改善センターで展示されてました。
120925 (1)
平成もすでに24年、昭和の時代が懐かしく思え、なんとなく昔の写真を引っ張り出して
見たくなりました。ノスタルジーに浸れて良かったです!

60代から70代くらいのグループのお客さんも多く、あの頃はこうだった!とか、今の
子供達にもこういうのを教えてあげなきゃ!とかいろいろと言いながら見とられました。

もう一つサンドミュージアムであった岩谷直治の世界では、岩谷直治氏の言葉が印象に
残りました。
120925.jpg
普段、面倒なことに当たると適当にお茶を濁したり、もういいやと投げ出したり、あっちに
流されこっちに流されの自分ですが、進んで立ち向かう気概と努力を見に付けたいです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。